考え中

私が日々経験したこと、感じたことを書いていくだけのブログです。

セブ留学3カ月を終えて思ったこと

どうもこんにちは。

長かったようで短かったセブ留学を終えて日本に帰ってきたので、簡単にまとめてみたいと思います。

おぉ、よろしく。

 

 

結局のところ行って良かったの?後悔してない?

 

早速だけど、簡潔に頼むね

わかりました

 

正直に言います。

私は今ガッカリしています。

 

何故かというと、3カ月もみっちり勉強すれば日常会話をマスターできるのではないかと期待していたからです。

 

中学生レベルからスタートして、3カ月真剣に勉強したとしても日常会話なんてマスターできませんよ。

私も半信半疑でしたが、ネットやエージェントが「できる!」と言っていたので、私もそれにのせられて「いけるかも!?」と思ってしまったのです。

 

おい、ちゃんと勉強したのか?

したよ!与えられた時間の殆どを勉強に費やしたよ!

 じゃあ、何が悪かったのさ?

うん。確かに僕にも反省すべき点がいくつかあるよ。

 

  1. コミュニケーションを積極的にとらなかった。
  2. 最初のレベルが低すぎた。

 

正直、私はもともと人と積極的にコミュニケーションをとるタイプの人間ではないのですが、それに加え、英語が上手く喋れないというコンプレックすが加わって、つい先生や周りの生徒とのコミュニケーションを避けてしまいました。

 

それと、英語でコミュニケーションをとるにはある程度の文法と単語が絶対に必要です。

そしてその土台となる部分は一人で勉強して身に着けるものです。

わざわざフィリピンまできてやることではないのです。

 

 

英語は難しいっていう事

 

フィリピンの先生だって本当に小さい頃から勉強を始めて、今でも勉強しているのだそうです。

それなのにたった数カ月で英語をマスターしようなんて、無理な話です。

 

特に文法は日本と英語では全然違うのです。頭がこんがらがるのは当然です。

(逆に韓国語は日本語と文法が似ているので比較的習得が簡単なんだとか)

 

さらに英語にはひとつの単語に大量の意味があります。

状況によって意味が変わるんです。

これらを全部、使えるレベルまで脳に浸透させるには莫大な時間が必要です。

 

たぶん英語は勉強し続けることが一番重要なんです。

 

これから行く人へのアドバイス 

  1.  文法と2000語マスターしてから行ってみては?
  2. フレンドリーな人になろう
  3. 気長に勉強しよう

 

せっかくの外国人と接することのできる環境へ行くんですから、なるべく他人と英語で会話することが大切です。

 

一人で勉強<他人と雑談

 

それとフレンドリーに自分から話しかけることが成長への近道です。

ドンドン話しかけましょう。

 

短期間集中的に勉強しても、一気に喋れるようになったりはしません。

毎日毎日地道に続けていくしかないんです。

焦らずに気長に勉強していきましょう。

 

 

なんて偉そうに書きましたが、これらは全て私が出来なかった事です。

失敗は成功の基なり

うん。これからこれから。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう。

フィリピン人に感化された話

どうも。ルームメイトのベトナム人が卒業して少しだけ寂しいよーすけです。

 

僕は現在セブで英語の短期留学をしているのですが、

英語を学ぶ上でだいぶ大きな障壁にぶつかってしまいました。

それは自分の内向的な性格です。

 

僕はは何かと一人でいる時間を優先してしまいます。

人と話すのは好きですが、話すのよりも聞く方が好きです。

常に効率と効果を意識し、不合理なことはなるべくしたくありません。

他人から見ればとても退屈な人間です。

 

 

しかし、英語を効率よく効果的に学ぶためには他人と話すことが最も効率的であり効果があるのです。

 

私の中で一人で勉強したいという気持ちと、もっと効率的に勉強したい。そしてそのためには他者との会話が必須であるというジレンマが生じています。

 

そして、いざ他人と会話しようと思っても、なかなか何を話していいか分かりません。

これまで他人を避けて生きてきたことが仇となってしまいました。

 

フィリピンの先生には、あなたは真面目過ぎて退屈だと言われてしまうし・・・

何も言い返すこともできないし・・・はぁ。

 

そこで私は最近どうしたらいいものかと悶々と考えているのです。

 

それに比べてフィリピン人の先生達はというと、もうすごい外交的なんです。

そしてコミュニケーションが上手です。

 

そこにはフィリピン人の多くの人が持つ気質が関係しているようです。

 

それは自尊心です。

多くのフィリピン人は自分大好きです。

 

女性の先生の多くは自分の写真をケータイの待ち受け画面に設定しています。
日本でやるとだいぶ引かれると思いますが、フィリピンではそれが普通です。

 

そして女性の服装なんかも露出が多目だったり、体のラインがくっきりと出る服を着ている人が多いです。
時々見とれてしまいす。

 

また、フィリピンにはゲイの人が多いですが、本人たちはそれを全く隠したりしません。
むしろ全面に出してきます。ゲイである自分が好きなのです。

 

そう。みんな本当に自分が好きで、自分に誇りを持っているんです。


そして複数の先生が私に同じようなアドバイスをくれました。

・人生は一度しかない。だから思いっきり楽しめ。

・自分に自信を持て。

 

この二つです。

 

要するに僕は自尊心を高める必要があるという事です。

しかしそれは簡単なことではありません。

 

僕には特に秀でた特技なんてないし・・・

自分のどこに自信を持てる要素があるというのだろうか。

 

 

しかし、僕がこの壁を越えられない限り、効率よく効果的に英語を学ぶことができないと思うと、なんだかすごく居心地が悪い

 

よし、これからは自尊心を持つ努力をしよう。

 

自分の性格を変えたい人へ

あなたは"外交的な性格"の持ち主に憧れを抱いたり、羨ましいと思ったり、自分もそうなりたいと思ったことはないでしょうか?

 

初対面でもすぐに他人と仲良くなれる人。いつも人を笑顔にできる人。いるだけで空気感を変えてしまえる人。発言権のある人。他人から愛される人。

本当に羨ましい限りです。

 

しかし、実際には羨ましいと思うだけで、実際に自分がそうなるのは難しいことだと思います。

でも、なぜ人にはできて自分にはできないのでしょうか。
私はそこにはちゃんとした理由があると思います。

 

まず初めに・・・

全ての物事にはプラスの面とマイナスの面が存在すると思います。
何がプラスで何がマイナスかは評価する人によって変わります。つまりそれは人それぞれの価値観というやつです

 

例えば、「二次元なんてオタクみたいで嫌いだ」と思っていた人が、急に何かをきっかけにアニメが大好きになったとしたら、これはその人の中で価値観が変化したと言えると思います。


そして私達は物事を自分の価値観という天秤にかけ、重みのある方を重要視します。
それは自分にとってプラスになるのか?それともマイナスになるのか?という事です。

 

 

それでは

具体例を使って細かく説明してみたいと思います。

今回は「外交的な性格」を例にしてみます。

 

まず「外交的な性格」について私の価値観に基づいて自分にとってプラスなのか?それともマイナスなのかを評価してみたいと思います(正直に書きます)。

 

プラスの面・・・


・友達が沢山できて楽しそう
・他者から頼りにされ、あいつと一緒にいると楽しいと思われることは実に幸せだろう
・交友関係から意外なビジネスに繋がったり趣味につながったりと、いろいろと新鮮な体験ができるだろう
・もちろん異性からもモテるだろう

 

マイナスの面・・・

・人付き合いのために自分の時間が無くなるは嫌だ
・いつも笑顔で愛想よく人と接するなんて疲れる
・周囲の視線を集めて評価されるのが怖い
・人付き合いで、相手を傷つけたり傷つけられたりするのが怖い

 

まだまだ細かく書くときりがありませんが、大体こんな感じです。

 

そして、これらのプラスとマイナスの要素を私の価値観に基づいて天秤にかけます。

 

プラスの面の方が重みがあるのならば私はそれを重要視することになります。

そして重要視するという事は、それは自分に取り入れることでプラスになるという事を意味しています。なので私は実際に行動に移して実行できるでしょう。

 

そして天秤にかけた時に重みが大きければ大きいほど、私は行動に移して実行する原動力が大きいという事にもなります。

 

しかし、マイナス面の方が重みが大きければ、それは私が損をするという事を意味しています。
なので、私は当然実行に移すことができません。

 

ここで大事なのは

自分に嘘をつくことはできないという事です。

自分の価値観に基づいた評価に対して嘘をついて行動することは決してできません。

「損をするかもしれないけど、思い切ってやってみよう」という事はできません。

もしできたとしたら、それはあなたの中で得をする可能性と得をしたときの益の大きさを鑑みて、確実にプラスの方が大きいと評価したという事になります。

 

もう一つ考えられるのは思考の欠如です。お酒を飲んで酔っていたり、極度に疲れていたりすると自分の考えを無視して行動してしまったりします。それが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが・・・

 

つまりこれらが意味することは、"実は私は自分の行動に納得していて、"外交的な性格"にあえてならないようにしている"という事です。

このままでは私は一生、"外交的な性格"になることはないでしょう。

 

でも私は確かに"外交的な性格"に憧れを抱いていることは確かです。


ではどうすれば私は"外交的な性格"になれるのでしょうか?

それは自分の価値観を変えるということです。

大切なことは、人の価値観は常に変わるし、変えることもできるということです。


そして価値観を変えるためには自分が現在持っていない新しい知識や経験を得る必要があります。

 

つまり、私が"外交的な性格"についてもっと知る必要があるという事です。

もし私が外交的な姿勢を取ることで得られる"本当の益"を知っていたとしたら、私は"外交的な性格"に対する評価はプラスの面の方が大きくなります。

 

例えば、私が少しだけ外交的な姿勢を取った事で、友達が一人増えたとします。そしてその友達が本当に気の合う奴で生涯の親友になったとしたら、私は今後、もっと外交的な姿勢を取るようになるでしょう。

 

それが親友でなくても、恋人だったり、趣味の合う友達っだたり、ビジネス仲間だったとしても、私が少しでも"外交的な性格"は自分に益をもたらすものだと本当の意味で知ることができれば私は現在の"内向的な性格"から"外交的な性格"になる事ができるはずです。

 

つまり、私が性格を変えるためには、少しでも外交的な姿勢を取って、得られる益を身をもって知る事が必要だという事です。

 

少し視点を変えてみれば、今私の周りにいる"外交的な性格"の持ち主は、外交的な姿勢を取ることで、これまでに沢山の益を得ていて、本当の意味で"外交的な性格"の価値を知っているのです。

 

最後に

今回は"外交的な性格"を例にして説明してみましたが、これは全てにおいて当てはまることだと思います。


あなたは物事を評価するときに、その物事について十分な知識や経験を持っているでしょうか。
プラスまたはマイナスの面が極端に少ないのはあなたがまだ知らないだけかもしれません。

セブの英語の先生にお願いしたいこと

どうも。毎日勉強しすぎてルームメイトに嫌われたよーすけです。

 

セブ留学で毎日6コマのマンツーマン授業を受けていますが、実は私、授業の中で意外と沢山不満を抱えています(もちろん先生にもよりますが)。

やはり、セブまで来て勉強しているのですから、毎日効率よく効果的に学びたいと思うのは当然ですよね。

 

そこで、今回は是非英語教師の方々にお願いしたいことをビギナー英語の生徒目線で挙げていきたいと思います。

 

生徒の話を最後まで聞いてほしい

これはスピーキングの授業でよく私が思う事です。

先生に質問された時、トピックについて意見を述べる時は、必死になって頭の中で必要な単語を掻き集めます。

そして正しいか正しくないかは自信はないけれど、自分でベストと思う文法を選んでそこに英単語を当てはめます。こんな風にビギナーは頭の中で自分の発言したいことを一生懸命に練り上げるはずです。

 

そして、発言するときもそれはそれはゆっくりです。ひとつひとつの単語の正しい発音を意識して、さらに名詞が単数の場合の”a”や特定の”the”が抜けないようになどと、頭はフル回転しているんです。

 

そんな時に、最後まで言い終わることのない内に先生が言うんです。
あ~、君が言いたい事はこういうことだね?

 

いや、そうだけどそうじゃない!

最後まで言わせてよ!

 

せっかく考えた文章が宙に浮いたままじゃないですか。
自分で考えた文章をしっかりと発言して、それが正しいのかどうかが大事じゃないんでしょうか?
ただ単になんでもいいから伝わればいいなら、そこまで文法なんか考えなくても適当にそれっぽい単語を適当に言えば大体伝わるんです。でもそれでは意味がないんです。

 

 

間違っているなら言ってほしい

自分の発言した文法や発音が間違っていても、それに気づく事が出来なければ直しようがありません

 

しかし先生の中には、意味が伝わった時点でもうokみたいな感じで、私が明らかに間違っていても何の指摘もありません。
間違って発言した場合、言葉のニュアンスが失礼に当たる場合などは是非教えて頂きたいです。

 

先生。しゃべりすぎです。

スピーキングの授業でトピックについて自分の意見を発言するという授業で、ついつい先生が熱弁することがよくあります。

 

例えば、「お金があれば幸せになれるのか?」なんてトピックがあったとします。
確かに熱弁したくなる気持ちはわかるのですが、先生のこれまでの経験や、先生の人生観をこんな所で披露されても正直困ります。

 

だからそこは抑えてほしいです。だって先生と生徒の話す割合が8対2なんて、スピーキングの授業というよりはリスニングの授業に近いです。

 

スピーキング授業は生徒が話してなんぼです。必要なのは先生の意見ではなく、生徒への指摘とアドバイスです。

 

早口で喋るのはわざとなんですか?

私は早口の先生に、「もう少しゆっくりお願いします」とお願いしたことがあります。しかし、ゆっくり喋ってくれたのは一度だけで、すぐに早口に戻ってしまいました。
これは、他の先生でもよくある事です。

 

もしかして、これは”愛の鞭”というやつなんでしょうか?ライオンがわが子を崖から落とすように、先生も生徒を早口でまくし立てるのでしょうか?

 

ゆっくり話して聞こえるよりも、早口でも話してたとえ聞こえなかったとしてもそれが長い目で見ればより良い成長につながるのでしょうか?

 

この点は分からないのですが、生徒側としてもあまり何度もしつこくお願いするのは申し訳ないし、わざとならわざとで理由を知りたいです。

 

一人でできることをマンツーマン授業でさせないでほしい

マンツーマン授業の良い所は生徒と一対一で向き合って話せることです。

しかし、マンツーマン授業であるにも関わらず、生徒と教科書が一対一で向き合ってしまうような授業をさせる先生がいます。

 

これはズルいです。そりゃ、先生はただ黙って見ているだけで楽できるでしょうが、生徒からすれば、わざわざマンツーマン授業でこんなことするなら金返せよって言いたくなります。
さらにひどい先生は、やらせるだけやらせて自分はトイレに行って戻ってこないなんてこともあるもんですから、少し頭に来てしまいました。

 

教科書進めるだけなら家にいたってできますからね。マンツーマン授業ではなるべく先生と話したいものです。

 

 

以上が私の切実な願いでした。

 

ここ一カ月下痢しか出ない原因を考えてみるinセブ(フィリピン)

どうも。フィリピン人のパワフルさについていけないよーすけです。

 

タイトル通り、ここ一カ月下痢しか出ないので、さすがに心配なってきました。
だから、原因を究明したいと思います。

 

考えられる原因を挙げていきたいます。

学校の給食のせい

これは一番勘弁してほしい原因です。だって、毎日3食食べない訳にはいかないですから。
だけど可能性はかなりある

 

時々、科学薬品のようないかにも体に悪そうな味がする。
そもそもちゃんとミネラルウォーターで調理してくれているかは不明。
そうじゃなければ味噌汁が汚染された水道水で作られていることになる。
それなら毎日下痢を5回もするのも納得できる。

 

一か月前に食べたバロットが影響し続けている

バロットという大変グロテスクで大変美味な食べ物がフィリピンにはある。
私は一か月前にそれにトライした。

 

見た目から言えば誰が食べてもお腹を壊すだろうという予想ができる。
しかし、いくら何でも一か月前の食べ物が今日まで影響するものだろうか・・・?

 

単純にストレス

言葉が通じないというのは多大なストレスを感じるものだということが、このセブ留学で分かった。

感動した時、うれしい時、哀しい時、疲れた時、感謝している時、どんな時も気持ちを分かち合うことができないのは辛いものだ。

 

それに、刻一刻と帰国の日が近づいて来るというのにも関わらず、自分の英語力の伸びをあまり実感できずにいるというのも大きなストレスの要因だ。
日々プレッシャーを感じずにはいられない


他にも、セブで生活していれば日々些細な事でストレスを感じることができる。

 

エアコンがきつすぎる


フィリピンには夏しかないのに、いつも寒いと感じる。まさかのパラドックスだ。
それはエアコンがきつ過ぎるからだ。
だから私は終始長袖長ズボンだ。

 

特にきついのは夜寝るときだ。私の部屋は4人部屋で台湾人とベトナム人がいるのだが、二人ともとても暑がりだ。エアコンがガンガンに効いているというのに半袖短パンだ。

どうなってるんだ。同じ人間でもこうも違うものなのだろうか

 

それに、私達学生に与えられた、掛布団は薄くてちゃちで小さなタオルケット一枚だ。これではいくらなんでもエアコンの猛威に耐えることはできない
だから私は毎朝下痢をする。

 

空気が悪い

セブの外は常に砂子ボコリが舞っている。だから屋内にいても窓が開いていればその付近の机や壁は砂ボコリでザラザラしているほどだ。

日本にも黄砂が時々やってくるが、セブは毎日がそれだ。

セブに来てから私の鼻の穴も汚くなったものだ。

 

だからひょっとしてこの空気が影響しているのかもしれない。
だとしたらそれも困ったものだ。回避不可能だ。毎日24時間マスクをするなんて訳にもいかない。

 

セブで食べた海鮮料理が影響している。

セブに来てから、一度だけ寿司を食べたことがある。

とてもおいしかったのだが、如何せんここはフィリピンだ。食べ物に関して不安しかない。
ひょっとしたらあるかもしれない。

 

実はデング熱が尾を引いている

実は一か月くらい前に運悪くデング熱に感染してしまった。その時の辛さは忘れもしない

なんせ意識が飛ぶほどだ。と言うよりか実際に意識を失っていた。

 

治療後も発疹はもちろんのこと、手足が痒くて眠れなかったりと、謎の症状が発症した。私の下痢もちょうどこれくらいの時から始まっている。
でも流石にデング熱は関係ないと思う。

 

やはり食べ物が大きな原因だと思う

食べ物が原因といっても、フィリピンの食べのもが危険と言う訳ではない。なぜなら、フィリピン人にとってはそれが普通であって、日本人の体には合わないのだ。これはどうしようもすることができない。

 

正露丸を日本から持参しているが、全く歯が立たないといっても過言ではない。

 

それに、食べ物がどんなふうに調理されているかなんて確認することなんてできない。

たとえさおれが汚染された水道水で調理されていたとしても甘んじて受け入れるしかないのだ。

 

 

だから私はこれからも下痢をしながら留学生活を送ることを受け入れる。